私の親がガンになったときのことについて

私の親は、一度がんになりました。今はもう治っています。しかし当時の私にとってはとても大きな出来事でした。そこで今回は、その時のことについて簡単に書いていきます。
それは私が高校1年の時のことでした。父が健康診断で引っ掛かり、がんの疑いがあると言われました。私は何でもないことを祈っていましたが、最終的にはがんと診断されてしまいました。

肺腺がんです。すぐに入院し、手術することになりました。まだ高校生だった私の頭は真っ暗になり、これからどうなってしまうのだろうと思いました。高校は楽しかったですし、やりたいこともたくさんありました。そして何より父のことが心配でした。当時父はまだ50代で、まだ若いのにどうしてこうなってしまったのだろうと思いました。

タバコは全く吸わないのにどうして肺なのだろうと思いました。
あれからかなりの年月が経ちました。8年くらいでしょうか。これだけ経っているので再発は大丈夫だと思いますが、今もとても心配しています。

闇金 解決

なんで、ご飯を捨てるのだろう父と言っても無駄であろうが

夜になったら、コーヒー飲みたいですね。
病気の息子の躾のように、食べ物を親は捨てるから、それは親とうまくやっていくしかないのですよね。

早く来年にならないものでしょうか。
金がほしいなあと思います。

何でことあることに不機嫌だと、父親は食べ物を捨てるのでしょう。
全部、病気の妄想で終わってしまうのですが、とにかく親子喧嘩なんて、ざらにあるというものでしょう。
いまさらという気はします。

なんだか、夜になるにつれて、また涼しくなってきました。
ポエムの会は、本当にいっちゃっている人というイメージですが、彼ら彼女らはアングラを好むのでしょうかねえ。
ほんとうに行きたくはないですが、義理があるのでいきます。
皆さん、メンバーの名前がかわらないのが凄いと思いますけど。

医者とかもそうですが、高学歴になったり、自慢するものを持つと、人間は途端にのぼせ上がってしまうのかもしれません。
だかrq、下の人を攻撃するのが、本人には当たり前なのでしょう。自分は天才なのですから。引越し 見積もり

本との出会いは偶然か必然

私は本を読むことが好きなのですが、毎度毎度本を読むごとに、不思議に思うことがあります。
それは、本を読むタイミングに、描かれている事と似たような悩みを持っていることが多い、ということです。

例外こそありますが、大体の本を読んでいるとき、その本に描かれている主人公などの悩みと自分の悩みが重なることがよくあります。
それで何かを学んでいるかと言えば、そうではないように思いますが、それでも、自分自身と主人公が重なって思えることが多く、毎度毎度感情移入をしすぎてしまいます。

ただ、そのようなことが書かれているタイトルを自分で選んでいるから、自然と悩みと重なってしまうのではないか、と思われるかもしれませんが、私は、本を買う際には古本屋などで買いだめをしており、読む本は適当に積んでおいてある段ボールの中から取り出しているだけです。

それなのに、手にした本に描かれていることは、自分の悩みと共通することばかり。これはもう、偶然なんかではないと思います。きっと、神様が今君にとって必要な本はこの本なのだよ、と教えてくれていて、それを無意識に手が探り当てているのではないか、と、きっと神様が決めた必然なのではないか、と思うのです。

出会い 熟女

念願の社会人デビュー

あんなに真面目だった娘が、今日も帰りが遅いのです。
大学に通っていた頃は大学まで、電車とバスを乗り継いで1時間半は、かかることもあって
バイトはおろか夜遊びも滅多にしたこともなかったというのに、この春、社会人になったとたん
職場が街の中心部にあることもあってか、なかなかまっすぐに家に帰って来なくなりました。
通っていた大学が課題提出がやたらに多かったせいもあって、家と大学の往復で疲れ切っていたのもあったのでしょうか、
親の私の方がもう少しサークルなんかに入って、学生生活をエンジョイしたらどうなのかと心配になるくらいな真面目ぶりでした。

勿論、学生生活が疲れ切っていたせいで、バイトもそうそう出来ずにいたので、お小遣いもあまり持っておらず、
かと言って親からもあまり貰えずで、女の子なのにいつも同じような服ばかりで大学に通う始末。

あまりにも不憫になった私は、時々主人に内緒でお小遣いをあげようとしたら、学費を出して貰っているから決まったお小遣いで足りるよ、などと、あまりのお利口ぶりに、本当に私の子かしら?といつも思っていました。

ところが、社会人になって自分の自由になるお金がたくさん貰えるとなった途端、今度は今までのうっぷんを晴らすかのように
毎日、遊び始めました。でもちょっとホッとしたのです。それでこそ若い娘だと。若いうちは楽しい事いっぱいしないとね。

DMMスマホ

高齢者の自動車運転はいつまで?

私の父は常々、自分が70歳になる時には絶対に運転免許を返し、自動車の運転は止めると宣言しています。

私も、それが良いと思っています。

田舎に住んでいるので、今のままだと買い物には不便でしょうからそこだけ心配です。

でも、判断能力が弱って運転してしまうと取り返しのつかない大事故を起こす可能性もあります。

それに比べたら、多少の不便は仕方ないと思います。

家族が力を貸せば良いのですから、ぜひそうして欲しいです。

高齢者でも、講習を受ければ運転は許されるのでかなりのご高齢でも運転されている方がいます。

そして、たまに聞くニュースで、高齢者が道路で逆走したとか、アクセルとブレーキを間違えて事故、なんて流れます。

それを聞くたびに、本当に早めに運転は止めて欲しいと心から願います。

普通に考えて、そんな状態で運転されたらとても怖いです。

もう少し、高齢者の運転には国から制限を設けて貰えないかなと思ってしまいます。
うちの父のように自分から免許を返そうと考えてくれる高齢者が増えてくれたら安心な世の中になるんじゃないでしょうか。
一度得た便利さを手放すのは辛いので、現実にはなかなかやはり難しいんですかね。

出会い 人妻